[尾崎 豊 の「遺書」。] by 僕と彼女と週末に

Top | RSS | Admin

◇◇ SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2011 ◇◇
◇◇ "THE LAST WEEKEND" ◇◇
◇◇ KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2011-2012 "45 STONES"◇◇
    SHOW ME YOUR WAY J.BOY
    THANKS FOR COMING WE'LL SEE YOU AGAIN
  スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサー広告】

ここんところの私は忙しい。

まぁ、通常でも平日は睡眠時間が4時間。
週末ともなると疲労困憊。

でも最近忙しいのは「heart」。


楽しかったり 悔しかったり 哀しかったり

昨日は嬉しかったり

そして今日は淋しい。


11月10日(木)発売の「文藝春秋」に彼がいなくなって20年目にして

「遺書」と言われるものの全文が記載された。

それは「遺書」としての「遺書」なのか

「生きるため」の「遺書」だったのか。そう、ほら「ラビのパン」のようにさ。

私には解る筈もないけれど。

死因がハッキリしようがしまいが、そんな事は別に良いんだ。


あの日から、そしてこれからも彼が居ないことだけは確かなんだから。







  
   どちらもポッチリ ・ポッチリありがとう♪

PhotoBlogもヨロシク→「群衆の中の猫 Photo*」
PhotoDiaryはコチラ→
「群衆の中の猫 Tremolo*」

テーマ:尾崎豊ジャンル:音楽

【徒然・・・】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。