[2011年05月] by 僕と彼女と週末に

Top | RSS | Admin

◇◇ SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2011 ◇◇
◇◇ "THE LAST WEEKEND" ◇◇
◇◇ KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2011-2012 "45 STONES"◇◇
    SHOW ME YOUR WAY J.BOY
    THANKS FOR COMING WE'LL SEE YOU AGAIN
  スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサー広告】



今回のツアーでFC会員は会員証・ツアーカード・チケットをFCブースで提示すると抽選に参加できるんですよね。
で、私は横アリで「カランカランカラ~ン!おめでとぉございまぁぁす!」と言う鐘と声で非売品ツアーポスターを頂戴しました。鐘の音が大きくてちと恥ずかしかったので自分でも「カランカランカラ~ン!」て声出してましたよ。
恥の上塗りですよ(笑)


2011ツアーポスター
これがGETした非売品ツアーポスター。



2011ツアーステッカー
ちょいシブく撮ってみた参加賞で頂けるステッカー。




さて、この土・日はツアーお休み。
そして来週は大阪ですね。大阪といえば公式の直前チケもアッという間に完売してて。なのに何故か代々木は一般の二次がまだ発売されてる状態。
えっ?代々木って大激戦だと思ってたのに実は人気薄??なんて思いながら眺めていて気がつきゃアータ、6月25日(土)・7月2日(土)・7月3日(日)の3公演分ポッチリしちゃってましたよ。。。

これでFC枠で取ってる7月3日(日)と合わせて代々木4days全て参加することに。名古屋と長野にってお話もあったのですが、やっぱ行くなら一般二次で良席が期待出来なくても地元東京だよな~~~なんて。

こう見えても体調が万全じゃなくて連日の参加に不安があったのですが、先日の定期検査で数値が少し向上してまして(正常値にはまだまだだけども)、横アリ二日目に参加してテンション自体も上がってるし(行っちゃおっかな!)みたいな。

(今回、行けるなら少し無理してでも行っておくべき)と自分に囁く自分が。(悪魔とも言う)

そんなことをMY FIRST LOVEのDVDを観ながら書いていたり。MFLのDVDと言えば、何人かの方から「真理、映ってたんじゃない?」と訊かれたことがあるのですが、映ってないです多分。言われて探してみても自分では分からないなー。似た人なのかな?と思っても似た人すら映ってるの分からない(笑)
どこの部分観て「あ、真理じゃん?」て思ってらっしゃるのだろう数名の方は。(謎)


そんなことより、前回のLIVEのDVDが「MY FIRST LOVE」で
今回またLIVE・DVDとして出るのが「THE LAST WEEKEND」でしょう?

なんか私の心にチクリと来て哀しくなってしまったりしちゃったりしてしまうのです。気にしすぎ。

「そら、気にしすぎだわw」って笑って言ってやって下さい(笑)





  
   どちらもポッチリ ・ポッチリありがとう♪

PhotoBlogもヨロシク→「群衆の中の猫 Photo*」
PhotoDiaryはコチラ→
「群衆の中の猫 Tremolo*」
スポンサーサイト

テーマ:浜田省吾ジャンル:音楽

【ON THE ROAD 2011】


今回記事中にセットリストの記載がございますので
参加当日まで楽しみにされている方はご注意くださいね。


はひーーーー。行って参りました参加して来ました。

浜田省吾 ON THE ROAD 2011 5月22日(日)横浜アリーナ二日目!

天気予報バッチリの時間に雨が降りだしまして。
2005年の横アリでも少し雨に降られていたりして。


なこたどーでも良いんですが。

とりまセトリ書いておきますか。







この先ににセットリストの記載がございますので
参加当日まで楽しみにされている方はご注意くださいね。








浜田省吾
ON THE ROAD 2011 "THE LAST WEEKEND"
5月22日(日)横浜アリーナ二日目 セットリスト

~J-BOY REMIX~
01.ON THE ROAD
02.この夜に乾杯
03.HELLO ROCK & ROLL CITY
04.恋は魔法さ
05.さよならゲーム
06.悲しみは雪のように
07.My old 50's Guitar
08.MONEY
09.涙あふれて
10.君に会うまでは
11.あれから二人
12.君が人生の時

13.BLOOD LINE -Instrumental-
14.我が心のマリア -Instrumental-

15.A NEW STYLE WAR
16.裸の王達
17.詩人の鐘
18.Theme of Fathers's Son(遥かなる我家)
19.RISING SUN
20.J.BOY
21.僕と彼女と週末に
22.愛の世代の前に

encore
01.光と影の季節
02.終りなき疾走
03.君がいるところがMy sweet home
04.I am a father
05.ラストショー
06.ラストダンス
07.家路

Encore2
08.日はまた昇る




いあー。良かった。
実はですね、私ももう数えきれない程にツアーは参加しているのですが
泣いたことって無かったんですわ。
それがですね、今回泣いてました。
(「僕と彼女と週末に」では泣くかもなー。)という予感はあったんです。
けど、自分でもビックリの「J.BOY」から涙ポロポロ。

「僕と彼女と週末に」は、ブログ名にもさせて頂いてる程自分にとって大切な曲。
十代の頃に初めて聴いて「浜田省吾」というアーティストを
私の中で特別な存在に刻みつけた1曲であります。

この時期にその曲を聴いたら泣くだろうな。そう予感はしてました。
けど実際、その前の「J.BOY」で泣く泣く(笑)
きっと自分で意識している以上に、今回の震災そして原発の問題に
憂う自分が居て歌詞の入り方や、浜田省吾が乗せた想いで
今までとは全く別物の「J.BOY」に心を突き上げられたのかなと思います。

FC枠の席にしては随分な場所でカメラクレーンとか邪魔だったし
省吾兄ぃが米粒程しか見えなかったりして(何これ)って感じでしたが
音が鳴り出したら関係なくなりますね(笑)

それでも涙ポロポロの威力でした。代々木とさいアリも楽しみです^^



2011ツアトラ

2011ツアトラ

2011ツアトラ






  
   どちらもポッチリ ・ポッチリありがとう♪

PhotoBlogもヨロシク→「群衆の中の猫 Photo*」
PhotoDiaryはコチラ→
「群衆の中の猫 Tremolo*」

テーマ:浜田省吾ジャンル:音楽

【ON THE ROAD 2011】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。