[ON THE ROAD 2011] by 僕と彼女と週末に

Top | RSS | Admin

◇◇ SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2011 ◇◇
◇◇ "THE LAST WEEKEND" ◇◇
◇◇ KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2011-2012 "45 STONES"◇◇
    SHOW ME YOUR WAY J.BOY
    THANKS FOR COMING WE'LL SEE YOU AGAIN
  スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサー広告】

どんだけ放置してんだよっ の後に連荘更新。

さぁさぁさぁ、お待ちかねの~
浜田省吾
ON THE ROAD 2011 “The Last Weekend”のDVDが届きましたよ!


shogo



[Blu-ray Disc+3CD]<完全生産限定版> と、DVDの通常版を買ったつもりでいたらDVDも限定版BOX買っちゃってたよ。CDかぶりまくり。
バカじゃねーの(笑)

今日は病院(御茶ノ水)行って、尾崎(原宿)行って、省吾(銀座)行ってたりしたんで、いつもの時間指定で受け取れず再配達でSonyMusic注文分は受け取り。
タワレコ注文分は、もうそろそろかな。日本郵便配達なんで再配達に融通利かないんだよねー。ドライバーさん(配達員サン)に直接連絡出来ないからさ。


で、本日は病院と尾崎は絶対行く予定だったのでミニパネル展やってるっていうし、帰りに銀座寄ってみっかなって。
山野楽器を覗いてみましたよ。

shogo
省吾兄ぃコーナーが設置されてて。


shogo
今日か?明日か?なんて待ちわびてるのに思いっきり売られてます。
このまま買って帰りたい衝動が(笑)


shogo
で、これが「ミニパネル展」。
・・・これ、「ついで」じゃなくコレ観るためにだけで銀座出てきちゃったら
脱力するだろぉなぁ。



って、ここまで書いたらタワレコ注文分もキタ☆

とにかく堪能しよっと。






  
   どちらもポッチリ ・ポッチリありがとう♪

PhotoBlogもヨロシク→「群衆の中の猫 Photo*」
PhotoDiaryはコチラ→
「群衆の中の猫 Tremolo*」






スポンサーサイト

テーマ:浜田省吾ジャンル:音楽

【ON THE ROAD 2011】

  放熱

2012/06/10 23:57



ON THE ROAD 2011 "THE LAST WEEKEND"
東日本大震災 被災地復興支援コンサートから一週間経ちまして。

アレやコレや思い返しながら仕事の毎日に戻ってね。
このツアー、本当にラッキーだった。
何故なら殆どが週末土日のライブだったから。

私的に土日祭日が休みで拘束時間的に平日のライブに行くのは絶対に無理。
職場の環境的にライブ行くために休むとかも絶対無理だし、逆に「ライブの為に休む」スタッフが居たら「もう明日から来なくていいよ」と私も思うであろう。
だから地元東京代々木であろうと木曜・金曜など割り振られた時には涙を呑んで山梨まで足を延ばしたり。(ホールツアーの思ひ出)
勿論、環境的に可能であれば平日だって私もバシバシ参加するけども。
今回のツアーだって10月のさいアリも先週のさいアリですら土日祭日じゃなかったら私は参加していない。絶対に。

何故なら私にとっては先ず「仕事」だから。

浜田省吾は私にとって特別なアーティストだけど浜田省吾の為に生きているワケでも浜田省吾に生かされているワケでもなく、大袈裟に言えば私が生きるために一つの大きな糧として浜田省吾の音が必要なわけで。
優先順位は当然自分の仕事が先だ。
そして以前にも書いたけど、実際の浜田省吾は「仕事を休んでまで来てくれてありがとう!」なのかも知れない。これ想像ね。
でも私の勝手に創り上げてる浜田省吾は、そういう私がライブに参加できたときに「よく頑張ったな!今夜は楽しんで行けよ!」な浜田省吾だったりするワケで(笑)

けど実際は本当に仕事休んでだって行きたいさーーーー
すっげ痩せ我慢な部分もあるよ。でも、そこは曲げない。

だから今回のツアーは冠からしてドキドキしたし行けるものなら何回でも参加したいと思ったし。途中入院しちゃったりで無駄にしちゃったチケが2枚手元にあったりと。
席もFC枠で期待した割には良くなかったけど参加できて本当に嬉しかったな。

6月3日(日)
Hello,Saitama city, I'm comin'back ! って、(どうだい!?)って感じでさ。(あー気合入ってんなーーーーー!!)って思ったなぁ。
シャウト貰ったしね。
そして私が息を飲んだのはステージ上を走った時。このツアー今まで見たことない程の速さ。全力疾走。
なんだろ、なんて表現すれば近いのかな。
体調とか声の調子とかさ、そんなんもぉどーだって良くてなんかもう本当に「渾身」だった。いつだってその二度とない夜のために浜田省吾はその状態なりに渾身だけど、(この夜が最後になったって良いんだ)くらいの気迫を叩きつけられた感じがしたんだよね。
あ、実際(最後のつもり)とかそういうんじゃなくてね。
彼自身からの解放っていうか放熱を感じたな。色んな想いの。
DVDもリリースされるし、その前にインタビューの載った雑誌も出るし。

楽しみだな。





  
   どちらもポッチリ ・ポッチリありがとう♪

PhotoBlogもヨロシク→「群衆の中の猫 Photo*」
PhotoDiaryはコチラ→
「群衆の中の猫 Tremolo*」

テーマ:浜田省吾ジャンル:音楽

【ON THE ROAD 2011】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。