[僕と彼女と週末に] by 僕と彼女と週末に

Top | RSS | Admin

◇◇ SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2011 ◇◇
◇◇ "THE LAST WEEKEND" ◇◇
◇◇ KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2011-2012 "45 STONES"◇◇
    SHOW ME YOUR WAY J.BOY
    THANKS FOR COMING WE'LL SEE YOU AGAIN
  スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサー広告】

10年ぶりの新曲が、来年1月に公開される映画
『アゲイン 28年目の甲子園』の主題歌に。



(後半に流れます)




やっぱ、兄ぃの声は良いですな。

つか、『恋する気分』はどこぞへ。
スポンサーサイト

テーマ:浜田省吾ジャンル:音楽

【僕と彼女と週末に】

私が10代で初めてその曲を聴いたときに衝撃を受け「浜田省吾」というアーティストを私の中に別格の特別の場所に位置付けることになった楽曲タイトルを拝借しているブログ「僕と彼女と週末に」は、サブタイトルにもありますように、真理@管理人が、浜田省吾の楽曲とライブ等をメインに想うが儘に書き連ねて行くものです。

浜田省吾の楽曲やDVDなどの感想とか。とか。とか v
ツアーに参加できればその感想なども。

その他、好きなアーティストや曲のこと 日々のつぶやきとか。
相当勝手に徒然に 思うが侭に我侭に。

ここで表記しておいきたいのは

私は勿論、浜田省吾というアーティストのファンですが盲目的に
「彼の全てが好き!彼が作った彼の曲は全部絶好調に好き!!」
というファンではありません。ということです。

それぞれに思い入れがありますが、感想の中には
「好みではない」という書き方のものもあります。
そうした文章への、盲目的 熱狂的ファンの方からの
「俺(私)の浜省にケチつけやがって!」
的なコメントはご遠慮願います(笑)

「あなたはそういう感想ですか、でも自分はこういうふうに好き」
ならば大歓迎ですが v

私の書くものは「REVIEW」(批評)ではなく「IMPRESSION」(感想)です。

そう、ただ感じるものです。

そしてそれは一度そう感じたら永遠に変わらないかと言えば、 そうでもないように思います。
自分のコンディションが変われば流れ込み方もまた変化するものと思っています。

一個人の私の感想などを読んだところで楽しくもないと思いますがv
一曲一曲への感想を文章として書き出すことで私自身がまた一段階、
その曲に対して深まる気がするのです。


そんな自分勝手なブログが「僕と彼女と週末に」なのです(笑)

【はじめに】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。