僕と彼女と週末に

Top | RSS | Admin

◇◇ SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2011 ◇◇
◇◇ "THE LAST WEEKEND" ◇◇
◇◇ KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2011-2012 "45 STONES"◇◇
    SHOW ME YOUR WAY J.BOY
    THANKS FOR COMING WE'LL SEE YOU AGAIN
  スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポンサー広告】

10年ぶりの新曲が、来年1月に公開される映画
『アゲイン 28年目の甲子園』の主題歌に。



(後半に流れます)




やっぱ、兄ぃの声は良いですな。

つか、『恋する気分』はどこぞへ。
スポンサーサイト

テーマ:浜田省吾ジャンル:音楽

【僕と彼女と週末に】

放置にも程があるっての。

気が付けば いや気がついてはいましてよ、この放置っぷりは。
2012年、どんな1年でしたか。

全くの私情を連ねる更新になりますが。


私は元々「コミュニティ」ってものが苦手で。
情報の入手だったりチケの取り易さだったり利点は沢山あるし、同じ共通点でお話しさせて頂くのは当然嬉しく、楽しくもあるのですけれども。

でも同じ「好き」でもその表現の方向性って全く違うものだったりするじゃないですか。
簡単な例えで言えば「好きだから」「なんでも知りたい」し「いつでも見ていたい」って気持ちは当然あるわけですが、その気持ちを満足させるためにプライベートも追っかけたりする「好き」もあれば、「好きな人の嫌がることはしたくない」「好き」もあるわけで。

そんな事だったり、あとは私自身が好きなものを<女性的に熱く語る>タイプでないという(笑)
「私はこうであーでこうだから浜田省吾が好きなの♬」って盛り上がることがまず出来ないので、「浜田省吾について熱く語り合いましょう!」(まぁ、そこが斉藤和義でもなんでも)みたいな集まりでは、盛り下げるだけの存在になっちゃうような(笑)



あとは時々ちょっとしたハプニングがある度に匿名の笠を着ての発言を読むにつけ、(あぁ、浜田省吾が好きと言う人の感覚がコレなのか・・・)と、かなり寂しくそして怖くなったり。
大義名分掲げたときの集団的な個人攻撃っていうのは、増してや匿名でのってのは本質からもうズレちゃって(自分のストレス発散に、相手にどんだけイヤな思いさせてやろうかってだけで書いてんじゃねーの?)と、思うくらいのもんも少なくなくて。

私の同世代なんてのはPCいじったりNET繋いだりって結構な大人になってからだと思うんですよ一般的には。
一時ファイルのキャッシュの削除なんて一度もやったことないし、なにそれ?くらいのPCユーザーがNET繋いでね、色んな情報を入手できるようになって匿名性のある掲示板に書き込んで人様のブログにコメント残してさ。

NETは本当に便利なツールだけども。いくら匿名性はあっても、それを行っているのは紛れもなく自分自身であって、誰に分らなくともそれを知っている自分ていうのを失くさないで欲しい。

たった一つかも知れないし表現の方向性は違えども、それは大きな「浜田省吾が好き」という共通点を持つ者として、そして私自身の自戒の為にも。


・・・・というような事を強く感じた1年だったりしました私的には。


なにこれこわい


放置に放置を重ねて、年の最後更新がこの暗さ(笑)

新年からはちゃんとします 許して(笑)


こんなブログに今年一年、ありがとうございました。


それでは皆様、良い新年をお迎えくださいませ。




ON THE ROAD 2012 12/31


テーマ:浜田省吾ジャンル:音楽

【徒然記】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。